カンジタを考える

カンジタ菌を繁殖させないためには

カンジタ菌を繁殖させないためには カンジダとは、性行為が無くても発症してしまう女性特有の感染症です。
膣内に生息するカンジタ菌が原因で、この菌はもともと皮膚や腸などに存在する真菌の一種です。
これが何らかの理由によって増殖してしまうと膣炎になってしまいます。
女性の半数以上が無自覚を含めて一度はかかってしまうという一般的な感染症になります。
カンジタ菌が増殖してしまうと、ヨーグルト状や酒粕状の白色や黄緑色をしたおりものの異常や外陰部や膣内がかゆくなってしまうという症状が現れます。
増殖してしまう原因としては、ストレスや生活習慣が乱れている、風邪や寝不足、抗生物質を長い期間摂取しているなどの免疫力が低下することによって膣内の菌のバランスが崩れてしまうことで発症してしまいます。
疑われる症状が出た場合には、婦人科や産婦人科で検査を行なっていきます。
病院では、膣内を洗浄してカンジタ菌を抑える抗真菌薬を膣内にいれて治療します。
予防したいという場合には、通気性の良い下着を身に着けたり、厚手のデニムやガードルは避けておりものシートは使わないようにし、ナプキンなどをこまめに換えてムレを防げるようにして、生活もなるべく疲れやストレスを溜めないように工夫して、食事などで免疫力を高めるようにすることが大切です。

その痒い症状はカンジタかも

カンジタは男性には少なく女性に多い性器の疾患です。
カビの一種であるカンジタ属の真菌によっておこります。
もともと多くの人が体内に持っている菌で疲れやストレスなど免疫力が落ちている場合に発症することが知られています。
性行為によって感染することもありますが、体調を崩した時に症状が出ることが多く再発を繰り返しやすい疾患です。
外陰部や膣の痒い症状がありヨーグルト状のおりものが増えたり性交痛、排尿障害などの症状もおこります。
カンジダ菌は口腔内に存在するとも言われ、免疫力の低下などで幼児でも口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎を起こすことがあります。
感染してしまったら男性は泌尿器科・性病科、女性は婦人科(産婦人科)・性病科で治療を受けます。
軟膏や膣剤での治療と女性の場合は通院して、膣洗浄などもあります。
日常生活の中でこの痒いカンジタの感染や再発を防ぐ工夫をすることができます。
温かく湿気を好む菌なので乾燥で繁殖を防ぎます。
入浴後などはデリケート部分をよく乾かす必要があります。
ゆったりとした衣類を選び通気性のよい下着を着用しましょう。
排便排尿の際に感染しないよう、前から後ろに拭くように心がけることも大切です。
石鹸などで症状の出ている部分を洗うと刺激が強いので、お湯で軽く洗い流すようにします。
家族内での感染を防ぐためタオルの共有は避けましょう。

カンジタ関連サイト

カンジタのトラブルで悩まされないためにも見ておきたいサイト

カンジタを解消