カンジタを考える

カンジタ菌により腸内でアルコールが産生されます

カンジタ菌により腸内でアルコールが産生されます カンジタは、真菌の一種でカビの仲間で、この菌そのものは強い病原菌ではありません。
カンジタが増え過ぎると様々な障害でる可能性があり、病気の原因になる場合があります。
カンジタ菌に感染する場合は、抗生剤の服用を何度も繰り返したり、甘い物を頻繁に摂取する、食事制限によるダイエットを繰り返す、体力や免疫力が低下しているなどの状態が考えられます。
感染による症状は、強い倦怠感、アレルギーの悪化、腸の不調、頭痛、アルコール量の許容量の低下、耳なりなど様々です。
真菌類は、腸内で炭水化物を分解して発酵させ、アルコールやガスを作ります。
このアルコールの作用により、頭痛、吐き気、息が臭いなどの症状があります。
特にメチルアルコールが産生されると視神経に影響があり視覚障害がみられることもあります。
さらにガスが腸内に充満するため、お腹がはったり、横隔膜が上に押し上げられるため心臓が圧迫されることで不整脈などの症状があらわれることもあります。
カンジタ菌に感染すると症状は様々で、原因不明の症状に悩まされることもあります。
常に倦怠感がある、頭の中が霧がかかったような感じがするなどの症状がある場合、この菌が原因である可能性もあるため病院で検査することも大切です。

カフェインを控えてカンジタ菌の増殖を抑えます

カンジタ症の場合、食事で避ける成分にカフェインがあります。
カフェインは摂取することで血糖値が上がり、カンジタ菌も連動して増殖しやすくなります。
また副腎にも負担を与えるため、免疫力の低下の原因にもなります。
カンジタ症を発症した場合、副腎機能が衰える傾向にあり、再発防止のためや副腎を守るためにもカフェインは控えるようにします。
副腎の健康は免疫システムや消化器系の健康に影響があり、副腎が弱っている場合はカンジダが異常増殖をしている兆候でもあります。
副腎が最適なレベルを下回った時に副腎疲労になりますが、副腎疲労は長期間のストレスを感じる後に起こりやすくなり、ストレスが何度も繰り返されると副腎は枯渇して体がストレスに対応できなくなります。
コーヒーを毎日摂取している場合副腎疲労を患っていることが多く、カフェインは副腎疲労の主な原因なのです。
十分な睡眠をとり軽い運動をし、ストレスを減らしコーヒーの摂取を控えて副腎を健康にすることは、カンジタ菌の増殖を抑えることができます。