カンジタ治療の流れ

妊娠中にカンジタになる原因

妊娠中にカンジタになる原因 カンジタ症は、人間の体に中に存在する常在菌であるカンジタ菌が何らかの原因によって異常繁殖することで発症するとされおり、性行為において感染するほかの性感染症とは異なり、性行為の経験がなくても発症することが多いとされています。
また、妊娠中にも発症すると言われていますがその大きな原因としてはまず一つに免疫力が低下することが考えられます。
妊娠中はつわりなどによって体力が低下しやすく、普段より抵抗力や免疫力も低下しているとために、それによってカンジタ菌が活発化しやすい状況を作ってしまうことが考えられます。
その他には、妊娠中は膣内がアルカリ性になりやすく、普段は賛成に保たれて繁殖を抑えられているために発症しなくても、妊娠中はホルモンバランスによってアルカリ性に傾きやすいことからカンジタ症を発症しやすくなるとされているのです。
出産時まで完治しない状態だと分娩の際におなかの赤ちゃんにも感染することが考えられますので、もし発症した場合には、早めに医療機関で治療を行うのが望ましいでしょう。

妊娠中にカンジタになった時の治療法とは?

妊娠中は、カンジタになりやすいのです。
カンジタそのものは、人間の口の中や皮膚に常在する菌で、普段は特に悪さをすることもありませんが、妊娠中は、ホルモンバランスの乱れから、膣内がアルカリ性になり、菌が増えやすくなります。
しかも、つわりなどで体力が低下していることも手伝って、免疫力が弱くなっているので、余計に悪化しやすくなっています。
このような状態に対して、どのような治療法があるのか、見てみましょう。
まず、膣内を洗浄したのち、抗真菌剤の膣錠を入れます。
これで、カンジタ菌の増殖を抑えます。
次に、塗り薬を使って、かゆみや腫れを抑えます。
あとは、処方された軟膏やクリームを膣に塗り続けます。
注意しなければいけないのは、症状がひどいからといって、市販薬を使うことです。
そのような場合は、必ず医師と相談して、処方された薬を使いましょう。
間違った治療法では、かえって逆効果の場合もあります。
なお、病院で出される薬は、赤ちゃんへの副作用はほとんどありませんから、安心して使えます。
カンジタに限らず、妊娠中に膣内に異常が生じたら、速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。