カンジタの口臭解消方法

カンジタが原因の口臭を解消方法

カンジタの口臭解消方法 口臭の原因は歯磨きが足りない、舌苔がついている、臭いの強い食べ物を食べたなどが原因となっていることが多いですが、歯磨きを丁寧にしても口臭が改善できない場合は別の原因も考えてみましょう。
なんらかの病気が原因している場合はそれを治さないことには清潔を保つだけでは改善させるのは難しいと言えます。
舌が白いなどの症状がある場合は口腔内カンジタ症である可能性もあります。
カンジタというと性器に発生することが多いというイメージもありますが、口の中にも発生することがあります。
実は常在菌と呼ばれるものですが、体調不良やホルモンのバランスが崩れたときに増殖しやすいとされています。
抵抗力の弱い、子供や高齢者の方にも起こりやすくなっています。
こうした症状がある場合も軽症であれば経過観察を行うこともありますが、重症の場合は抗真菌薬の投与で治療を行うこともあります。
歯周病が発生している場合はそれを治す治療も行っていきましょう。

痒くないカンジタもあり得る

カンジタというのは、真菌に分類されるカビの一種ですが、ふだんから人体にひそんでいて、特にそれが病気を引き起こすことはありません。
ところが、ストレスや疲れによって免疫力が低下してしまった場合、あるいは女性であれば生理などのホルモンバランスの変化といったことがあると、またたく間に増殖してしまい、膣カンジタ症などの病気の原因となってしまうのです。
この膣カンジタ症の症状としては、外陰部の痒み、痛みなどが特徴となっていますが、なかにはまったく痒くないというケースもないわけではありません。
このような場合、おりものの量が急に増えたとか、酒粕のようないつもとは違った感じのおりものがみられるなどの異常があるはずです。
痒くないカンジタの場合は、症状からの判断はむずかしいため、婦人科などの専門医に診察をしてもらい、検査を受けた上で、病名を特定することになります。
病気であれば分泌物に含まれる真菌の量が異常に増えていることによりそれとわかります。