性器カンジタの症状

性器カンジタの症状

性器カンジタの症状 性器カンジタの症状としては、患部のかゆみや炎症などが発生します。ただし、男女差が大きいことも性器カンジタの症状の特徴です。
男性の場合は、亀頭部に水泡やかゆみ、ただれ、赤みなどが出たり、白いカスが出ることが一般的ですが、ほとんど症状がみられないこともあります。
男性の場合は、男性器が体外に露出しており、通気性が良いことが理由です。しかし、通気性があまりよくなく菌が増殖しやすい環境である包茎の人の場合は、発症リスクが高い傾向があり、場合によっては、包皮炎を併発することもあります。
女性の場合は、炎症やかゆみだけでなく、おりものの異常がみられることがあります。おりものがヨーグルト状になっていたり、性交痛、排尿障害なども引き起こすことがあります。
外陰部と膣の両方に発症することがあります。カンジタ菌そのものは、女性の膣粘膜に普通に生息しており、免疫力の低下が主因で引き起こされるため、性交未経験者であっても発症することがあります。

カンジタを男性?女性にうつしてしまう前のカンジダ専用市販薬

カンジタは、皮膚や膣内の表面に住むいわゆる常在菌の一つです。
常在菌は人によっても違うので性交渉で相手に移してしまうこともありますが、健康な人であれば、表面にいても免疫や他の菌との競合で数が抑えられカンジタを発症することはありません。
しかし、体調不良による免疫力低下や一度に大量のカンジタ菌に接触するようなことになると発症してしまいます。
発症しやすいのは女性です。これは、性器の構造上の問題です。発症すると非常にかゆくなります。
そして、白いおりものが大量に発生するため、性器に異常が起きていることは気付くと思います。発症した場合には薬で治療します。
最近は市販薬も販売されています。カンジタ専用の市販薬は抗真菌薬で抗生物質ではありません。
原因は常在菌の大増殖なので、一度治療しても常在菌のバランスが崩れたり免疫力の低下があると再発することがあります。そのため、手元に常備薬として専用市販薬を置いておくと良いでしょう。