カンジタ治療の流れ

カンジタ 治療の病院での流れ

カンジタ 治療の病院での流れ カンジタは、外陰部にかゆみが出るのが特徴です。体の中に潜伏している菌なので、抵抗力が弱っている疲れているときや、ストレスが大きいときも、カンジタになることもあります。
症状が出たら、病院で治療を受けることが大切です。我慢していると症状が悪化します。
カンジタの治療の流れは、カンジタにかかっているか、産婦人科で内診があります。
綿棒で膣から菌を取り出して、顕微鏡でその場で検査してもらえます。検査は痛みもなく、短時間です。菌に感染していたら、膣に膣剤を入れて、軟膏で手入れをしてもらいます。
その後医師の指示のもと、通院して、膣剤と軟膏で治療してもらいます。完治するまで10日から2週間ほどかかるので、菌が消滅するまで、何度か通院します。痛みもなく、治療も短時間で済みます。
完治しないで途中でやめてしまうと、再発してかゆみが悪化するので、医師の指示のもと、定期的に通い治療をうけることが大切です。
かゆみを感じたら早めに治療しましょう。

男性カンジタの症状

カンジダ菌に感染するのは、比較的女性が多い傾向がありますが、男性でも免疫力が低下している状態の場合には、感染する可能性があります。
男性の場合にカンジタが発症した場合の症状としては、性器にかゆみやあかく発疹がでたり、痛みなどを伴う場合もあります。
その他にも白いカスのようなものがでることもあるのが特徴です。
感染する原因としては、免疫力低下や、菌が繁殖しやすい環境だったなどが考えられます。
カンジタを予防するためには、菌が活性化して繁殖しないように、自身の免疫力を高めることが大切です。生活習慣が乱れていたり、食生活でしっかりと栄養がとれていない場合や、風邪などによる一時的に抵抗力が弱まっていると感染し発症しやすい状態になります。
日々、生活習慣を規則正しくすることや、食生活でバランスのよい食事をとり、栄養不足にならないようにさまざまな食材から栄養を補うようにして、健康的な生活を送ることが予防につながります。