カンジタを発症させる要因

膣カンジタ症に似ている細菌性膣炎とは

膣カンジタ症に似ている細菌性膣炎とは 女性が発症しやすい症状のひとつに膣カンジタ症があります。
膣カンジタ症は普段はおとなしく体の中に潜んでいるカンジタ菌が風邪やストレスなどで体力が低下してしまったりと言ったことがきっかけとなって増殖して活性化し、かゆみやおりものなどの異常と言った特定の症状を引き起こすものです。
これと似ている性感染症に細菌性膣炎があります。これは何種類もの金が一斉に増殖することが原因となって起こるもので、体力の低下や膣内の過剰洗浄などによって自浄作用が低下してしまうことなどで発症しやすくなります。
細菌性膣炎は女性のみ発症するもので、膣カンジタ症のようにかゆみを伴ったりヨーグルト状のおりものなどがたくさん出ると言うようなことがなく、さらっとした灰色のおりものが少し分泌されますが気が付きにくいため発症してもそのままにされていることが多いです。
しかし妊娠中に細菌性膣炎を発症すると早産や流産のリスクが高くなるとされているため注意が必要です。

カンジタを発症させる要因とは

"カンジタを発症させる要因は複数ありますが、総じて言えるのは体調不良や不健康です。免疫力が低下しているときは発生しやすく、例えば風邪をひきやすいときは注意が必要です。
以前と比べて風邪をひきやすいと感じたら、カンジタの発症率も高くなっています。慢性疲労、ストレスなども原因となるので、疲れを溜めないために早めに眠るようにしましょう。
寝不足はカラダにとって一番よくありません。慢性的な寝不足になると、睡眠の質まで低下してしまいます。夜ふかしする方はカラダのリズムが崩れやすく、カンジタにもかかりやすいと言えます。
免疫が低下していると感じたら、カラダを温めるケアを徹底しましょう。
カラダが温かいときは、免疫も高くなるのです。逆に冷え性や低体温は免疫を低下させるので、毎日じっくりと半身浴をしてカラダを温めていくといいでしょう。
カラダを温めるコツは、下半身をじっくりと温めることなのです。下半身を温めると、自然と全身が温まって免疫力が向上します。"